持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

座卓で食事


f:id:sana_sanas:20170514080944j:plain

日曜日。
土日だけは朝食がパンになります。長男はパン好きなので、パンメニューが大事。
今日はフレンチトースト。
テンション上がっています。

ところで、今日は食事方法について。

我が家は、座卓で食事をしています。
座卓食事に変えたのは数ヵ月前。

座卓で食事のメリットデメリット

メリット

  • 家族同士の距離感が近くなる
  • 冬はこたつであたたかい
  • ダイニングテーブルがないので部屋がすっきり
  • こぼしたものも始末しやすい

デメリット

  • マナー次第でだらける
  • 小さい子どもは最初は大変
  • 冬は食事でこたつが汚れやすい
  • 腰に負担がかかりやすい

メリットについては、本当に大きくて、特にダイニングテーブルがないだけで、部屋は物凄く広く感じます。

今日はデメリットについて詳しく書いてみます。


特に私が気になっていたのは、子どものこと。
特に次男は1歳前。

こちらの豆椅子で座らせましたが、勝手に立ったりするのが心配でした。

日本エイテックス 【日本正規品】 キャリフリー チェアベルト パープル 01-069

日本エイテックス 【日本正規品】 キャリフリー チェアベルト パープル 01-069

こういうベルトを使ってみましたが、すぐ抜け出してしまい、使えたのは少しの間だけ(^^;

最初の一週間くらい、次男が立つ度に、座らせたり、ダメだよと言ったり大変でした。

が、今では食事のマナーは私が言うのもなんですが、家族の中で一番(?)素晴らしいです。
椅子に座らないと食べないし、食べている間は椅子から立たない。食べる時は、食べきるまで集中。
食べきったら、ごちそうさまをして椅子から立ちます。
当たり前?私や夫は食事中もお茶を用意したり、次男のこぼしたもの対策したり、スプーンですくってあげたり、忙しないし、長男は……だらだらペチャクチャ。

赤ちゃんは、習慣化してしまえば、本当に楽です。

特にダイニングテーブルだと、よく食べ物を下に落として、キャッキャしていて、私はすごくストレスでした。
↑長男の時代の話。

高いところから物を落とすのが楽しいんでしょうね。
作った物を落とされるストレス、拾うストレス、拭くストレス、極めつけに楽しくてキャッキャする赤ちゃんに腹が立つダメループに陥っていました。

座卓だと、落としても床との距離がないので楽しくないようです。基本的に落としません。食べこぼしはありますが(^^;

もちろん次男と長男の性格の差や、違いはあると思いますが、とにかく楽になりました。



f:id:sana_sanas:20170514094303j:plain


フレンチトーストを食べる次男
食べるのはなんでも手づかみです。


7歳の長男は踏台昇降に使っている踏台が良いらしく、踏台に座って食べます。

EGS(イージーエス) エアロビクスステップ 踏み台昇降運動 EG-3086

EGS(イージーエス) エアロビクスステップ 踏み台昇降運動 EG-3086

↑色々役に立つ踏台。我が家のはブラウンです。

踏台に次男が上って、テーブルの上にのぼらないか心配でしたが、食事中はのぼらなくなりました。
食事が終わったら踏台をテーブル下に入れます。

そんなこんなで、平和に座卓生活がおくれております。

こたつで食事も経験しましたが、小まめにこたつ布団を洗えば気にならない感じです。
次男もいるので、最悪冬もこたつとして使わずに、テーブル使用でもいいかも、と思っています。


腰対策は、座椅子。
体が痛いときは、ストレッチしています。気軽に横になれるスペースがあるのも座卓のおかげ♪

もう少し歳を重ねたら、リサイクルショップで小さなダイニングテーブルを買うのが夢。
その時は、くつろぎスペースに、一人用ソファーも置きたいな、と妄想中。


今は走り回りたい子ども仕様のリビング。次男が2歳を過ぎたら、トランポリンを買おうか検討中。

処分することを考えると、かなり躊躇しますが。