持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

子供の服、収納を変えてみる


f:id:sana_sanas:20170618080730j:image

こちら、子供部屋のクローゼットです。

ここには次男の服ストック(長男のおさがり)と、長男の服があります。

 

クローゼットの扉は常に開けっぱなしなので、扉ごと外してあります。

 

シャツはかける、その他はしまう収納ですが、毎日こんな感じです。

 

  • たためない
  • 引き出しが浅くて中に入れきれない
  • 引き出しを閉めれない
  • ハンガーからTシャツを取ったけどやっぱりやめた→収納ケースに突っ込む

 

全体的に収納する動作が多すぎて、長男にはハードルが高いようです。

 

我が家の収納は、かけるか、収納ケース(引き出し)にしまうか、のどちらかが主ですが、収納ケースは大人でもキレイに保つのは難しいと思います。

 

大概、中でぐちゃぐちゃになりがちです。

 

そこで、特に毎日使う部分については、極力動作を少なくするべく収納を変えました。

 


f:id:sana_sanas:20170618083359j:image

投げ込みです。

本当はたたんで入れてほしいけれど、こうすることで、長男のやり方だと、とりあえずボックスに服が積まれます。

欲しい服を探すには積まれた服の山から探すことになります→面倒くさい→たたもうかな

となってくれることに期待。

スイッチが入れば片付けるタイプなので、敢えてオープンにすることでスイッチを入りやすくする作戦です。

多分あまり効果はないかもしれませんが(^^;

 

男の子に引き出し収納はカオスを生むだけ、私のイライラを増やすだけだな、と思いました。

 

 

他の大人の収納でも引き出しカオスな部分があります。場合によってはボックス収納に変えていこうと思います。

ちなみに、写真右側の3つのボックスがおさがり、 左の上1つが長男の服、下が長男の水着やコートや季節用品でした。

 

おさがり、多いです。

でもこのおかげで、次男の服代は0です。

(下着は買っています)

 

 

引き出し収納は何のためか、と考えると、

見た目を良くするため(ごちゃごちゃが目立たない)

虫や埃を防ぐため

という理由が浮かびます。

 

それよりも

しまいやすく取り出しやすい

というボックス収納に我が家は軍配が上がりました。

 

さぁ、

思いっきり放り込むがよい!