持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

0円で過ごす休日


f:id:sana_sanas:20170625141853j:image

日曜は、昼間は雨もあがったので、重い腰をあげて自転車で図書館ヘ。

そうもしないと、次男は不機嫌、長男はダラダラ。テレビがエンドレス…なんてことになってしまいます。

 

長男は本があまり好きではないので、図書館にはなかなか行こうとしません。

なんとか外出に成功。小さな図書館なので館内は10人くらいしかいないのですが、小学生が静かに本を読んでいて、母和む。

まぁ、うちの子は難しいよな…(-_-)

なんて思っていたら、長男は、図書館で一人かくれんぼをしている(´-ω-`)

 

なんとか長男の本を借りる。

 図書館の方に「あれ?お兄ちゃんの本だけ?弟くんのはないのかな」と言われてしまう。

 

実は次男は、私が絵本を読むと脱走するのです。何故か本を読んであげようとすると、脱走、絵本を次々と遠くへ投げるのです。

 

長男は絵本が好きだったので、そこはちょっと違うところ。

でも、私は親に読み聞かせしてもらったこともないし、親は本なんて読みもしない人だったけれど、私は本好きになったし。

だからあんまり気にしない。

 

 

いつか本好きになればいいなとぼんやり思っている。

 

*** 

最近、読書スイッチが入ってしまった。

ここ1週間で読んだ本。

 

『求めない』 加島祥造

『求めない』 加島祥造

 

 

 

松浦弥太郎の新しいお金術

松浦弥太郎の新しいお金術

 

 

 

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

思いわずらうことなく愉しく生きよ (光文社文庫)

 

 

松浦弥太郎さんのは、もう1回読みたいなぁ。

江國香織は懐かしい。高校生の時にはまった作家。文体が好き。

 

「一人の自由な時間があったら何をしたいか」と夫に前に尋ねられたけれど、多分いつ訊かれても、「カフェでひたすら読書」と私は応えている。

場所は気分で、海だったり布団の中だったりするのかもしれないけれど。

 

はまったら一筋なので、完全に勉強を放置している。

 

ひどいと、育児も放置してしまう…