持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

できない理由を探してた

f:id:sana_sanas:20170703085320j:image
髪をショートカットにしてから、なんとなく思考がポジティブになっていくのを感じているサナです。

 

育休から、保育園に入れなくて凹んで(長男の小学校入学後自宅でフォローできて良かったという気持ちはあれど、やっぱり凹んでた)

「どうせ家にいるし~」で色んなことを諦めていました。

 

  • 在宅だから手帳は安い月間でいいや
  • 収入少ないから好きな本は買えないな
  • 子供小さいから行動範囲広げられないな

 

本来好きな、書くことを制限し

本来好きな、読むことを制限した。

子供が邪魔するから書けない

育児放棄しそうで読書は罪悪感が…

 とにかく行動範囲を狭くした(元々狭いけれど(^^;)。

今思うと、視野も狭くした気がする。

 

 

もちろん、心からそれを楽しんで、納得していればいいのだけれど、

頭で考えて無理矢理欲求を抑える行為は、結構ストレスになる。知らないうちに育児にも悪影響がでる。

 

「子供が小さいのは今だけだから、子供に集中したい」という声はよくきくし、なんだかある意味美しい。多分実際そうなんだと思う。

私もそう思う部分もある。

 

しかし、やりたいこと、好きなことがある場合、なかなか折り合いはつけにくい。

 

中途半端に子供をみながら、中途半端にやりたいことを諦めていると、所々不具合が生じてくるのだ。

 

手帳を月間のみにして、振り返ることも未来も大して考えなくなっていた私は、ふと毎日がただ過ぎていくだけ、という現状に愕然とした。

 

※別に月間のみの手帳が悪いわけではなく、月間手帳で自分自身とうまくやっている方は沢山います。

 

髪をショートカットにして、なんとなく本来の自分を垣間見た気がして、体調不良から、ずっと勉強もやらずとことん落ちていたのだけれど、なんとかちょっとずつ浮上してきた。

 

もう忘れかけているけれど

次男を産む前、ワーキングマザーであった時のことをちょっとずつ思いだしたいな、という気がしている。

 

行動範囲は相変わらす狭いけれど、読書を通じて視野を広げることはできていた気がする。

 

あと、買わないことを考えるのは楽しいから良いのだけれど、好きな本については、あんまりストレスにならない程度にしよう(寧ろ我慢はNG)とも思う。

 

  • 好きなことにお金を使う(私は本)
  • 子供中心じゃなくてもいい
  • 笑顔になることをする。それが家庭を明るくする。
  • ドキドキワクワクを大切に。
  • 言い訳はキリがない。
  • 心にブレーキをかけない。

7月は、そんな感じでやってみたいな。

 

 

いつか、子供がぐれて、あの時もっと子供をみていれば~とか、なんたら後悔したり寂しがる日が来るかもしれないけれど、私は自分で決めたのだと、つっこんでやりたい。

 

私がエンジョイする→家庭が明るくなる

しかしエンジョイしすぎて、子供や夫をおざなりにするのは違う。

 

私にとってのエンジョイは、残念ながら料理でもなく、掃除でもない。

家事をステキにこなす人は、多分家事をエンジョイしている人だ。

 

で、結局

どうやって楽して家事をして

余った時間を自分に使おうと目論んでいる。

 

たまには長男と二人で出かけたりもしたい。

あれやりたい、これやりたい!

 

まずは子供がいない朝を自分の時間に充ててみることから、やってみたい。