持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

肌断食と肌が育つスキンケア


f:id:sana_sanas:20170706104334j:image

七夕。

 

最近私を悩ますお肌の悩みについて今日は書きます。お肌の悩みは、大体自業自得なことが多いです。

 

基本的に、洗顔は夜は石鹸、朝は水のみ。

なにもつけません(たまに馬油)。

外出時は、化粧下地にニベアを塗り、ミネラルファンデを塗ります。

 

日焼け止めも塗らず帽子のみで紫外線対策していた私。

特に問題もなく、たまにホルモンバランスの崩れで口周りの皮が剥がれちゃうくらいでした。

 

それで満足なはずが、いつしか

毛穴小さくしたいなぁ、なんて欲が出てきたのです。

 

しかし、わかっています。

世の化粧品を使うと、また何もつかわないズボラスキンケアが定着するまでトラブルだらけなことが。世の化粧品には色々なものがまぁ色々入っている事が。

 

しかし、気になっている化粧品メーカーが1つあります。

 名前は伏せますが、「肌が育つ」をキャッチコピーにしている化粧品メーカーです。

「肌が育つ」をテーマにしている化粧品メーカーってないよね!

肌が育つって、肌断食とか何もつけないスキンケアと同じ目標じゃない。

メルマガを一時読んでいましたが、その理論も非常に筋が通っている。「肌に必要な角質を無理に剥がさない」とか、その通り!

で、色々共感できて気になっていた。

 

たまたま1か月分のスキンケア一式が2000円で試せる(モニターとして簡単な質問に答える必要アリ)、と知って、モニターチャレンジしてしまいました…。

 そしたら

使う前はカサツキが見られた私の肌が、使うとなんと改善!すごく状態が良くなりました。

 

しかし、手放しで喜べない私。

これ、まさか使用をやめたら、また皮膚トラブルに見舞われるのでは…。

そんな不安な中、1か月後のモニター回答も終わったので、スキンケア一式をやめてみました。

 

数日後

 

口周りが赤く腫れ上がり、その後瘡蓋が大量に発生。

 

今もなお、発生しております。

 

いつか自然と剥がれるのを待つのがベストですが、この時期マスクなんてできないし、人と会う予定があるため、昨日剥がしてみました。

 

中から未熟な赤みのある肌が…。

 

非常にヒリヒリします。

 

 

大失敗でした。

自業自得です。

 

いや、別にスキンケア一式をずーっと使う選択肢もあります。使っている間はとても良かったのだから。化粧品メーカーを批判するつもりもありません。(むしろ内容はとても好き)

 

しかし、金銭的にも、手間的にも、私はスキンケア用品を色々使いたくない。

 

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―

 

 

私は、この考えでスキンケアします。というか何もつけたくない。面倒くさいし、つけるのがイヤ。べとべとが嫌い。

 

はっきりしているのに

試してしまった「肌が育つ」というスキンケア。

 

肌を育てるには、私の場合は、何もしないに限るのだと、感じました。

 

以上、私の失敗談です。

 

惑わされない、買わない、試さない!

手帳にしっかり綴ります。

 

何もしないのが、一番肌のためだという私のルール(本を読んで得た理論)をもう一度再確認です。

 

いろんな広告、誘惑に負けず、無駄な買い物はしないぜ!なんて思っていますが、まだまだ失敗だらけです。

 

前の肌状態に戻るには、最低でも28日はかかるでしょう。その間が辛い!

 

スキンケア一式に、1ヶ月以上の辛い時間

なかなか痛い勉強代でした。