持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

両親から思うこと~豊かな老後のために


f:id:sana_sanas:20170717171415j:image

家の中で寝室が一番好きです。

布団しかないから!

扇風機を置くためだけに、カラーボックスを1つ置いていました。(昨日の写真にもうつっています。)

しかし、私は扇風機があまり好きではないんです。

ビジュアルはもちろん、やたら部品があって手入れも面倒、更には風は直風で辛い。音も結構うるさい。

夫と交渉した結果、扇風機ナシでエアコンを就寝から起床までONにし続けることで合意。(今までは、エアコンはタイマー、扇風機はずっと中から強でかかっていました。)

 

扇風機を部屋から撤去~。

カラーボックスも撤去!

寝室愛が高まります。

 

***

 

 

さて、連休最終日は、母からの電話で母の家に行きました。

電話があったのは朝。めまいがして起きられない、とのこと。

とにかく今は寝たいから、夕方くらいに来て欲しいと言われたので、心配しながらも夕方、スーパーで食糧や飲料を買って行きました。

 

母は、夜中3時に寝て、夕方起きるという人です。私が小さいときからそんな感じで、多分精神的に健康ではありませんでした。

不眠症はもちろん、色々あったのだと思います。家事も今思うとあまりしていなかったなぁ。

母は、70歳もすぎると、自律神経の乱れが、色々な不調や生活習慣病を引き起こすようになりました。

父や母の生活をみていて(反面教師として)、私は以下の事は気を付けていこう!と決めています。

 

  • 早寝早起き
  • 水分をたくさん摂る
  • パンばかり食べない
  • 油ものばかり摂取しない
  • 適度な運動
  • 身体を温める

 

これらは、健康な老後をおくるのに必要だと認識しています。(うちの父母は反対の生活をしていたので(^^;)

 

話は逸れましたが、とにかく夕方行ってみて話をきいてきました。

話はできる感じだったので多少は落ち着いたようですが、不眠が酷いみたいでした。

 体力も弱くなってくると、気を付けていても、脱水症状など顕著に表れます。

エアコンをつけてと何度言っても「暑くないから」とつけず、自分の身体基準で判断するので本当に危険です。

温湿度計を渡していますが役に立たず…。

 

更に低体温に冷え症がひどいので、よりエアコンは要らないと思ってしまっています。

 

私はエアコン付けて、足だけ温めて暮らすことを今から習慣にしたいです。

 

その後、介護施設の父のところへ、しばらく母が来れない旨を伝えに行きました。

 

久々に子2人を連れて炎天下の中動いたので汗だく…。

 

母は高血圧なので冬は本当に気を付けなくては危険なのですが、夏も危険だと今回感じています。

 

1つ1つ、通院や薬で改善できればいいのですが、極度の医者嫌いなので、難しいものです。

 

とにかく反面教師。

生活習慣は本当に大切です。

夜更かしなんて、別に誰にも迷惑かからないやん~と思いがちですが、生活リズムが戻せなくなると、もはや危険。薬が必要になったり、他の体調にも影響します。

 

 

まぁ、子供が小さい今は、嫌でも早寝早起きですが、この生活を老後まで続けていかなくてはね!