持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

物置部屋を改革!その2

昨日の記事から、いてもたってもいられなくなり、物置部屋の断捨離に燃えていた私。

 

 
f:id:sana_sanas:20170719161648j:image

↑1日経った物置部屋の一部。

 

 


f:id:sana_sanas:20170719161744j:image

 ↑昨日まで。

 

変化したのは

  • ボックスの数が少なくなった。(2つ減らした!)
  • 荒れた(笑)

 


f:id:sana_sanas:20170719161916j:image

設備用品を断捨離しました。

私が設備用品を保管していた理由は、

「夫が転勤になり、この家を売るか賃貸に出した時のため」

でした。

 

私自身は全く使いません。

上記の確率はなんとも言えません(現に社内で地方転勤になった人はいる)。

 

しかし。

私は台所のシンクの扉を断捨離しました。

のこぎりでギコギコして捨てました。

 

…だったら、洗面化粧台の棚だって、浴室の棚だって、もういいじゃん。

 

と、いう声が聞こえました。

鼻唄うたいながら捨てました。

♪いつか使うかも~なんてし~らんぴ♪

 

折り畳みできる布製の収納用品も捨てました。(写真右側)

(まだあったよ、収納用品…折り畳みできるからって持ってたよ…←結構嵩張ってました。)

 

 

そうしたら、2つボックスを空にすることができたわけです。

 

 

しかし、荒れてます(笑)

 

目隠しに布をかぶせていましたが、見事にはがされました。(そして布は私のパジャマの中に追いやられている…)

 

毎日服を出し入れするのですから、まぁ目隠しの布なんて邪魔でしかありません。

 

早々に学びました。

 

 

作業着を入れたボックスは、テーブル左側に移動させました。

夫はとにかく服が取りやすくなったと思います!

服以外は全部下段です(中の物を出すのは私くらいだから) 

 

 

余ったボックスは、ペットボトルの水を入れます。

あと、夏休みで学校から、やたら物を持ち帰ってきた長男の学用品保管に使います。

 

ずっと物を入れっぱなしにしていると埃がたまりますが、どれも流動的なもの。

寧ろ、ずっと入れっぱなしの物こそ、一度見直す必要があります。

 

空かずの食品

空かずの入れ物

開かずの引き出し

開かずのクローゼット…

 

そんなのが家にあると、そこから空気がたまって淀んできそうです。