持たない暮らしで豊かな日々を

4人家族の家計簿、持たない暮らし

本とDVDと音楽と

今日のブログは私の熱さ満載、ヲタク満載なので、興味のない方はスルーください。

 

 

 遅ればせながら、レンタルになっていたのでみました。

 

実は、私、深海誠さんの作品好きです。

昔から大好きだったので、君の名は社会現象が巻きおこった時に普通に映画でみるはずなんですが。

子どもがいると難しいのと

あまりにブームになりすぎていて

どこか入れずにいました(天邪鬼なんで(^^;)

 

やっと深海さんの作品が時代に認められたんだ…なんて感慨深かったなぁ。

 

で、やっとDVDでみたのですが

ラストのエンドロールが流れた瞬間、涙が流れました。

 

ずっと

笑ったり、ハッとしたり、ドキドキ、もう感情はいろんな動き方をしていました。

最後の最後に涙、なんて本当に上手すぎますね。

 

内容も私好みで(文学的民俗的で)

鷲づかみです。

 

言うまでもなく、背景描写はピカイチ。美しい。

 

圧倒されました。

(レンタルDVDだけどね)

 

買いたくもなります。

 

 

今まで暗い作品が多い深海誠作品ですが、今回は明るかったんじゃないかな。

(私は暗いの大好きですが)

 

夜中に涙を流してスッキリしました。

本当に良かったです。

 

ただの恋愛モノではありません

ただの入れ替りモノではありません

そういう意味では予想以上。

 

***

 

私も

何かをさがしている時代がありました。

うまくいえない、ある瞬間の風景を求めている時期が。

 

その風景を求めて

5年後、訪れたことがあります。

人も、町も、なにもかも違っていました。

でも、5年前私はそこにいた。

不思議な感覚でした。

 

青春期の、鮮明なしかし美化され尽くした記憶。

 

不思議と追う風景は夏で、

それはやはり、人が秋から冬にもの悲しくなりがちなことと繋がっているのかもしれませんね。

 

***

 映画に

涙を流した私に

「結局恋愛じゃん、おっぱいと女子高生!」と言った旦那を殴りたい。

奥行きとか深さとか一つ一つの意味を全くお前はわからないのか!と呆れました。

 

おっと、話はずれました。

久しぶりに揺さぶられて心潤ったサナでした♪

 

今日は色々作品に触れました。

 

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

 

 

読みました。大好きだった絵本です。

がまくんとカエルくんが最高です。

 

私にとって懐かしい監督の最新作

私にとって懐かしい絵本

私にとって懐かしい大好きなアーティストの曲

 

 

FRIENDS

FRIENDS

 

 

 

FRIENDS II

FRIENDS II

 

 

最近、懐かしいものばかりで

ちょっとセンチメンタルロードを走っています。

 

秋はまだまだなんだけどな。

 

 

子どもがいると、映画も音楽もなかなか身近ではなくなるけれど、たまには触れてみるのも良いと思います。

 

私は基本、湿った暗いもの(ホラーではありません)が好きなので

時に一人で勝手に沈みたくなります。

 

***

 

 

 あとは、DVDを借りて長男の大好きなコナン鑑賞。新しいものから、古いものへ遡って劇場版鑑賞です。

コナンは大人も楽しめる

し面白い!

寧ろ私がハマってるかも(^^;

ハマりすぎて夫が仕事から帰ってきてもご飯も味噌汁も温めず…(基本的に夫のご飯は夕方作って冷めているのでレンチンです。)

 

そんなこんなで、結構インドア生活です。